四番がバッターボックスで悩む事
日記をメインに、悩み事などを書いています。最近では恋愛の悩みが多いかな(´Д`)
プロフィール

孤狼

  • Author:孤狼
  • 性別:男
    年齢:22歳
    地元:千葉
    趣味:野球
    一言:仲良くしてください♪
  • みんなのプロフィールSP ランキングオンライン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

質問 このブログについて
なかなかいい!
まぁまぁ
かなり微妙…
ダメ。

コメント



- アクセス解析 -

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
思い出の映画
自分はジブリが大好きなのですが、
映画館でジブリ映画を観たことはありませんでした。
でも、今からかれこれ1年ちょい前に前の彼女と観に行く機会がありました。
その時観たのが「ハウルの動く城」で、
自分の思い出の映画です。



DVD 「ハウルの動く城 」(2枚組)


映画館自体久しぶりだったので、かなり楽しみでした☆

しかし、正直なところ映画の内容はいまいちよくわかりませんでした…。
最近のジブリ映画はあんまり子供向けではないような気がするのは
自分だけでしょうか…(^_^;)

この映画は、声優のキャストが結構好きでした♪
当時、彼女がキムタクの声のハウルを「カッコイイ♪」と言っていました。
自分的にはあんまり受け入れられなかったのですが…(´Д`)
でも、キムタクの声とハウルのイメージがだんだん重なってゆき、
見終わった頃には、それが1人のキャラクターとして
自分の心の中に刻まれました。
また、ハウルだけでなく、他のキャラクターも同様に
個性的な声とそのキャラクターのイメージが融合し、
1人の登場人物として確立されていきました。
その中でも、自分的に1番好きだったのは「カルシファー」です☆
あの声を聞いて、「我修院達也の声だ!」とすぐにわかりました。
声に特徴がありすぎて、若干我修院さん寄りのキャラクターに
なってしまっていたような気がしますが、
それはそれで面白いと思います☆
逆に他の人では、また全然違うカルシファーになってしまうでしょう。
正直笑えると思います♪

映画の内容としては、先にも言いましたがよくわかりませんでした(汗)
主人公はソフィーで、何故か老婆にさせられて、
ハウルの家にもぐりこんで、魔女がばあさんになって…。
上手く流れを整理できないまま終わってしまいました(・_・;)
なので、見た瞬間は感動していたような気がしますが、
今思うと、どこで感動したのかを思い出せません…。
もう一回観るしかないのかな(-.-;)
ただ、覚えているのは、動く城の動きがキモイという事(笑)
あと、ドロドロになったハウルがキモイという事(´Д`)
ちっちゃい子が観たら怖いイメージがついてしまうのではないでしょうか…。

ところで、ソフィーは元に戻ったんだっけ?(・_・;)
やっぱりもう一回観ないとダメっぽいですね…。


そもそも何故この映画が思い出の映画かというと、
前の彼女と観た唯一の映画だったからです。
基本的に映画を観なかった自分は、
それまで彼女と映画を観に行った事がありませんでした。
つまりそれが遅ればせながら初めて彼女と観に行った映画でした。
その彼女とはもう別れてしまいましたが、前に彼女のブログを見た時に、
好きな映画は「ハウルの動く城」と書いてあったのを見つけました。
正直、それを見た時、何かすごく嬉しかったのです。
単にあの映画が好きだっただけかもしれませんが、
その映画を一緒に観に行けたということが嬉しいのです☆


今でもその映画が好きなのかどうかはわかりません。
でも、1つだけわかる事があります。

自分は「ハウルの動く城」が大好きだという事です♪


ブログランキング

スポンサーサイト
TOP
ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女
先々週、彼女とお台場に行ってきました☆
今頃書くのかって感じですが(^_^;)
そんで「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」を観てきました。
以前に彼女と映画を見に行ったとき同様、
彼女はもう既にこの映画を観ていました。
でも、もう一回観たいと言う事で一緒に観る事になりました♪


ナルニア国物語

第1章 ライオンと魔女


narunia.jpg



監督:アンドリュー・アダムソン
出演:ティルダ・スウィントン、ジェイムズ・マカヴォイほか


第二次世界大戦下のイギリス。ペペンシー家の4人の兄弟はロンドンの空襲を逃れ、カーク教授に預けられる。好奇心旺盛な末っ子のルーシーは「かくれんぼ」をしているうちに、空き部屋で大きな古い衣装ダンスを見つける。見えない力に導かれるように衣装ダンスに入り、毛皮のコートを押しのけて奥に進むと…いつしかルーシーは雪に覆われた真夜中の森に立っていた…


評価:★★★☆☆(5点満点中3点)


典型的なファンタジー映画ですね☆
ディズニーであるがゆえ、激しさが足りないような気がしました(^_^;)
でも、広大な景色とか、モンスターのCGとかが
とてもきれいで素晴らしかったです☆

ナルニアにはあまり興味はなかったので、
イメージとしては、「ライオン」しかありませんでした(笑)
しかも「あのライオンは絶対悪者だ!」と思っていました。
しかし、実際は完璧な味方で結構驚きました☆
さすがに百獣の王というだけあって、
王としての力を行使する時とか、戦闘シーンとか、
かなりかっこよかったです☆

主人公達は…なんか微妙でした(^_^;)
ナルニア国では時間が止まっていると言う設定なのでしょうか?
その辺がよくわかりませんでした。
さすがファンタジーって感じです♪(笑)

「第1章」というくらいですから、続編があるのでしょうが、
ここからどうやって続くのかが非常に気になります☆
見る機会があったら、また彼女と見に行きたいです♪























ブログランキング

TOP
仕事って大変ですね
この四月から社会人になりました!!

毎日覚えなければいけないことがいっぱいで大変です(>_<)

家に帰ってきたら、飯やら何やらした後に
横になったら、すぐに寝てしまいます。
そして、また仕事へ…。

なかなかブログを更新する余裕ができませんが、
休みの日などに時間ができたら更新したいと思います☆
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。