四番がバッターボックスで悩む事
日記をメインに、悩み事などを書いています。最近では恋愛の悩みが多いかな(´Д`)
プロフィール

孤狼

  • Author:孤狼
  • 性別:男
    年齢:22歳
    地元:千葉
    趣味:野球
    一言:仲良くしてください♪
  • みんなのプロフィールSP ランキングオンライン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

質問 このブログについて
なかなかいい!
まぁまぁ
かなり微妙…
ダメ。

コメント



- アクセス解析 -

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
半分の花火
2年前の夏の事です。

ある日、仲のいい友達と遊んでいました。
その日に近くで花火大会があるという事を知り、
行こうかどうか迷っていました。
せっかく賑やかな夜なので、
昔の友達を呼んで見に行くことになり、
地元で集まってみんなで行く事になりました。

しかし、連絡が遅かったせいもあり、
なかなか全員が集まらずにいました。
連絡した全員が揃った時にはもう花火大会も中盤で、
今から電車を使って行っても
ろくに見れずに帰ることになるだろうと考えられました。
仕方なく地元で高い場所へとのぼり、そこで眺める事になりました。

遠くで上がる花火は見えましたが、そんなんで満足できるはずも無く、
強行手段として、車で行く事になりました。

よく考えたらわかった事なのですが、
中盤が過ぎた頃に車で行ったところで止める場所がありませんでした。
どうしようか悩みながら、会場の周りをぐるぐる回っていたら、
車から降りてる人がたくさんいる場所がありました。
そこにひとまず車をおいて、外に出てみました。

ドンッ!!という音とともに、大きな花火が夜空に咲きました!

しかし、見えたのは上半分だけでした。
正面に建物があり、下半分が隠れてしまっていたのでした。
しかも、かなり大きい花火じゃないと、
上半分すら見えないという有様でした。

あの時ほど花火を見てがっかりした事はありません…。
スポンサーサイト

テーマ:夏の思い出 - ジャンル:日記

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sebangou4.blog18.fc2.com/tb.php/11-f08e88e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。