四番がバッターボックスで悩む事
日記をメインに、悩み事などを書いています。最近では恋愛の悩みが多いかな(´Д`)
プロフィール

孤狼

  • Author:孤狼
  • 性別:男
    年齢:22歳
    地元:千葉
    趣味:野球
    一言:仲良くしてください♪
  • みんなのプロフィールSP ランキングオンライン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

質問 このブログについて
なかなかいい!
まぁまぁ
かなり微妙…
ダメ。

コメント



- アクセス解析 -

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
最後のデート
彼女と別れ、数日経ったある日、
予想外にも彼女の方からメールが来ました。

「この前は一方的に別れを言っちゃってごめんね。
 このまま別れるのはあまりにもひどいから、
 自分勝手かもしれないけど、最後にもう一度会わない?」

言ってる事はよくわからなかったが、
彼女に会いたい気持ちは変わらなかったので、
何のためらいもなく承諾しました。
「もしかしたら…」という淡い期待を胸に…。


デート当日。
自分は今までと同じように遅刻してしまいました(焦)
でも、今はこれでよかったように思えます。
正直どんな顔であったらいいのかわからなかったけど、
遅刻したおかげで、いつものように彼女を待たせ、
自分は申し訳なさそうに彼女に謝って、
そんな自分を彼女はいつものように許してくれました。

デートは横浜のみなとみらいに行くことになってました。
が、前日に財布を仕事場に忘れてきてしまうという
大失態をしてしまったため、
みなとみらいに行く前に取りに行くことになってしまいました。
しかも、1時にならないと仕事場が開かないと言う事で
それまで時間を潰さなければなりませんでした。
幸いにも、その仕事場というのが横浜駅の近くだったので
1時になったらすぐに取りに行きました。

1時まではボーリングをして時間を潰しました。
不覚にも1ゲーム目で彼女に負けてしまいました…。
2ゲーム目は真面目にやったつもりだったのですが、
彼女が神がかり的にハイスコアを出して、
勝ったことは勝ったのですが、1ピン差でした(焦)
まぁ負けに等しいので、ランチをおごる事になりました(´Д`)

2時頃、ランドマークタワーのレストランでランチを食べました。
彼女のお気に入りの店らしく、おいしくいただきました☆
会計は自分持ちですが…(>_<)

その後、ランドマークタワーの中を見て回って、
それからコスモワールドの方へ行きました。
いつも観覧車に乗るのですが、まだ時間が早いので
山下公園の方まで歩いていく事にしました。
途中、赤レンガ倉庫に寄りました。
ワールドカップ仕様で、イベントもやってました。
そこで馬車道アイスを食べて、また歩き出しました。

山下公園に着き、ベンチに座り、まったりしました。
自分はひたすらどうでもいい事を話し続けました。
仕事の話、草野球の話、とにかくしゃべり続けました。
話が途絶えてしまうのが怖かったから…。

その後、シーバスに乗ってみなとみらいに戻ってきました。
まだ、空は明るく、もうちょっと暗くなってから観覧車に乗るため、
今度はコスモワールドのベンチに座って話をしました。
今度は彼女の方がめずらしく彼女自身の話をしてくれました。
自分は何か複雑な気持ちで話を聞いていました。
何で今そんな話をしてくれるのか…。

辺りも暗くなり始め、そろそろ観覧車に乗る事にしました。
1ヶ月ちょっと前、あの時のデートもここで、
暗くなってから観覧車に乗ったなぁ。
変わらぬ景色、変わらぬ想い…。
変わったのは2人の関係だけ…。
あっという間に観覧車は1周してしまい、
「これからどうしようか」と聞かれた。
自分の心は迫り来る今日の終わりに押しつぶされそうになり、
何も考える事が出来なくなっていた。
とにかく、話は尽きないようにといろんな話をして誤魔化した。

ランドマークタワーの展望階へ行き、
夜景を見ながらも、変な話とかしまくった。
下へ降りてきて、時間は9時。
彼女にどうすると聞かれたが、自分は彼女を家まで送る事を選んだ。
その電車の中も、無意味に横浜から彼女の家までの駅名を覚えたりした。

彼女の家の最寄り駅に着き、さすがに自分の心に陰りが見え始めた。
もうすぐ彼女の親が待つ家に着く。
家の前でお別れか…。
自分の口数が次第に減っていき、重い雰囲気に。
すると、空から雨が降り始め、傘を持たぬ2人は近くで雨宿りを。
雨宿りをしているとき、自分は何もしゃべれなかった。
ずっと彼女のそばにいることしかできなかった。
それでも彼女は明るく話しかけてくれた。

いつまで待っても雨は止まず、痺れを切らした彼女は
「もうここで大丈夫だよ♪
 傘持ってくるから待ってて!」
と1人雨の中に走り出しました。
自分はすぐに呼び止めて、自分も雨の中へと走り出しました。
結局2人雨の中家の近くまで走りました。
彼女の家までは行けないので、近くで待っててと言われました。
さすがに今度は呼び止めることができませんでした。

彼女は傘を持ってきてくれましたが、
自分の分を忘れてきたみたいで、仕方なく家まで送りました。
彼女の家の前、「気をつけて帰ってね。」と言う彼女に
無言でキスをし抱きしめました。
その後、耳元で「もう終わりなん?」と聞くと、
彼女は少し離れて、軽くうなずきました。

終わりだとわかっていながら、
今日一日あんなに明るく振舞ってくれていたのかと思った瞬間、
胸を締め付けられるような苦しさに襲われました。
でも、彼女のためにもここで終わりにしなければならない。
無理矢理笑顔を作って、「わかった」と答えました。
お互いに涙を溜めながら、彼女は家に、自分は駅に向かいました。
彼女の家のドアが閉まり、しばらくして自分は立ち止まり、
彼女の家へと引き返しました。
そして、彼女に借りた傘を門にかけ、雨に濡れながら帰りました。
涙が流れてもわからないようにと…。


彼女は今、精神的に大変な時期にあるようでした。
自分が支えてあげたかったのですが、今の彼女はそれを望んではおらず、
今はただ、自分で何とかしたいそうです。
ならば自分はそれを暖かく見守ろうと思います。
またいつの日か、前の2人に戻れる事を夢見て…。


ブログランキング

TOP
別れの5月
5月21日、彼女と別れました…。
クリスマスイブから付き合い始め、もうすぐ5ヶ月と言うところでした。
23日に遊びに行く約束までしていたのに…。
いつかと同じようにメールでの別れでした。

原因は自分の不満でした。
1週間くらい前から少しギクシャクし始めていました。
彼女は比較的電話やメールに疎い人で、
付き合い始めのうちは彼女からメールをしてくると言う事が
あまりありませんでした。
月日が流れるにつれて、彼女からのメールも増え、
自分としてはすごい嬉しかったです。

自分が社会人になり、仕事で忙しくなると、
メールくらいしかできなくなりました。
なので、休みの日は極力遊びに行くようにと予定を立てました。
若干遠距離と言う事もあり、今までは会えて月に1,2回でしたが、
4月は3回遊びに行っていました☆
4月25日、横浜で待ち合わせをし、みなとみらいでデート。
その日の彼女は、今まで以上に自分を見てくれていて、
彼女の気持ちも十分に伝わってきました。

ゴールデンウィーク。
仕事の関係で自分は休みがありませんでした。
自分のゴールデンウィークは5月の第2週からで、
5月9日に彼女と遊ぶ約束をしました。
しかし、その日は会社の先輩に宿題を出されてしまい、
横浜まで行かなければならなくなりました。
それでも、自分は終わってから行く事にし、
約束だけはなくさないようにしようと思いました。
彼女に会うために早く宿題を終わらせようと必死でした。

そんな中、彼女から1件のメールが届きました。

「急に用事が入っちゃってでかけることになっちゃったの…
 だから今日ダメになっちゃったんだけど…。
 本当にごめんなさい」

一瞬固まってしまいました。
あと少しで終わって会いに行けると言うところで、
まさかのドタキャン…。
この頃から少しずつすれ違いが生じてきていました。

ドタキャン問題は何とか丸く収まり、
次に会えるのは23日と言う事になりました。
しかし、それまでの期間の中、彼女からのメールが減っていきました。
毎日メールしていたのに、17日はメールが来ませんでした…。
幸いにも自分は仕事が休みだったので自分からメールしました。
その時から自分の中で不満が爆発しそうになっていました。
仕事のストレス、会えない寂しさ、
いろんな原因で精神的に病んでいたんだと思います。
なので、「もうすぐ会えるから」と我慢しました。

しかし、19,20日とまったくメールが来ませんでした。
自分の中の不満が爆発し、21日に彼女に
「何でメールしてくれないの?」と不満をぶちまけてしまいました。
それが原因で別れ話となり、一方的に別れを告げられました…。

次の日、仕事だったのですが、
テンションは海の底よりも低くなってしまいました。
しかし、仕事柄、元気を出さないと怒られるので
無理矢理元気を出していました。
そしたら先輩に、
「今日は元気がいいなぁ♪
 何かいい事でもあったのか?」
と言われてしまい、内心泣きそうでした…。

仕事が終わってから、彼女の家の近くまで行きました。
帰り道とはまったく逆方向の電車に乗り、約1時間。
帰れないのは覚悟していきました。
ちゃんと会って謝って、考え直してほしかった。
しかし、会ってすらもらえませんでした…。
午前0時を回り、終電はとっくになくなって、
彼女と自分をつなぐ最大の手段である携帯の電池が切れてしまったため、
諦めて帰ることにしました。
と言っても、帰れないので駅近くのマン喫で1泊…。
翌朝、始発電車で家に帰りました。

ここまでの流れでは、彼女が悪者のように取られるかもしれませんが、
決してそんなことはありません!
ドタキャンの理由は学業に関する事だったし、
一方的な別れの背景には、彼女なりの考えがあったからです。
そもそも彼女は恋愛が上手い方ではありませんでした。
彼女は彼女なりのプライドがあり、
彼氏に依存し過ぎたくないらしいのです。
でも、気持ちが大きくなりすぎて、
このままだと彼氏の自分がいないと生きて行けなくなる…。
正直、理解できないと思います。
自分も理解できませんでした。
付き合ってんだから別に依存してもいいじゃん!
でも、彼女には上手くその感情を上手く対処できなかったのです。
だから、最後の手段を使うしかなかったのです。

早朝の帰り道、また5月にフラれたことに気がつきました。
去年の5月にも前の彼女にフラれていました。
もう恋愛などしないと心のどこかで思い始めていました。

後日、彼女からメールが来ました。

「この前はせっかく来てくれたのにごめんなさい。
 会わないで別れるのは失礼だよね?
 だから、最後のデートをしませんか?」

恋愛下手な彼女なりの答えだったのでしょう。
別れるとわかっててなんで会わなきゃいけないのか。
余計につらいだけじゃないか。
そう思いながらも、自分は会うことにしました。
最後のデートは6月6日。
しかし、その日は会社の行事が…。
その日に会えなかったら、この先もう2度と会えないかもしれません。
でも会ったところで別れるのでは、
今後の事を考えて会社の上司を取るべきかと…。
仕事とプライベートの間で葛藤し続けています。
仕事をしているものにしかわからない苦悩です…。

運命の日まで、あと1週間。
自分は苦しみ続ける事でしょう…。


ブログランキング

TOP
思い出の映画
自分はジブリが大好きなのですが、
映画館でジブリ映画を観たことはありませんでした。
でも、今からかれこれ1年ちょい前に前の彼女と観に行く機会がありました。
その時観たのが「ハウルの動く城」で、
自分の思い出の映画です。



DVD 「ハウルの動く城 」(2枚組)


映画館自体久しぶりだったので、かなり楽しみでした☆

しかし、正直なところ映画の内容はいまいちよくわかりませんでした…。
最近のジブリ映画はあんまり子供向けではないような気がするのは
自分だけでしょうか…(^_^;)

この映画は、声優のキャストが結構好きでした♪
当時、彼女がキムタクの声のハウルを「カッコイイ♪」と言っていました。
自分的にはあんまり受け入れられなかったのですが…(´Д`)
でも、キムタクの声とハウルのイメージがだんだん重なってゆき、
見終わった頃には、それが1人のキャラクターとして
自分の心の中に刻まれました。
また、ハウルだけでなく、他のキャラクターも同様に
個性的な声とそのキャラクターのイメージが融合し、
1人の登場人物として確立されていきました。
その中でも、自分的に1番好きだったのは「カルシファー」です☆
あの声を聞いて、「我修院達也の声だ!」とすぐにわかりました。
声に特徴がありすぎて、若干我修院さん寄りのキャラクターに
なってしまっていたような気がしますが、
それはそれで面白いと思います☆
逆に他の人では、また全然違うカルシファーになってしまうでしょう。
正直笑えると思います♪

映画の内容としては、先にも言いましたがよくわかりませんでした(汗)
主人公はソフィーで、何故か老婆にさせられて、
ハウルの家にもぐりこんで、魔女がばあさんになって…。
上手く流れを整理できないまま終わってしまいました(・_・;)
なので、見た瞬間は感動していたような気がしますが、
今思うと、どこで感動したのかを思い出せません…。
もう一回観るしかないのかな(-.-;)
ただ、覚えているのは、動く城の動きがキモイという事(笑)
あと、ドロドロになったハウルがキモイという事(´Д`)
ちっちゃい子が観たら怖いイメージがついてしまうのではないでしょうか…。

ところで、ソフィーは元に戻ったんだっけ?(・_・;)
やっぱりもう一回観ないとダメっぽいですね…。


そもそも何故この映画が思い出の映画かというと、
前の彼女と観た唯一の映画だったからです。
基本的に映画を観なかった自分は、
それまで彼女と映画を観に行った事がありませんでした。
つまりそれが遅ればせながら初めて彼女と観に行った映画でした。
その彼女とはもう別れてしまいましたが、前に彼女のブログを見た時に、
好きな映画は「ハウルの動く城」と書いてあったのを見つけました。
正直、それを見た時、何かすごく嬉しかったのです。
単にあの映画が好きだっただけかもしれませんが、
その映画を一緒に観に行けたということが嬉しいのです☆


今でもその映画が好きなのかどうかはわかりません。
でも、1つだけわかる事があります。

自分は「ハウルの動く城」が大好きだという事です♪


ブログランキング

TOP
ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女
先々週、彼女とお台場に行ってきました☆
今頃書くのかって感じですが(^_^;)
そんで「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」を観てきました。
以前に彼女と映画を見に行ったとき同様、
彼女はもう既にこの映画を観ていました。
でも、もう一回観たいと言う事で一緒に観る事になりました♪


ナルニア国物語

第1章 ライオンと魔女


narunia.jpg



監督:アンドリュー・アダムソン
出演:ティルダ・スウィントン、ジェイムズ・マカヴォイほか


第二次世界大戦下のイギリス。ペペンシー家の4人の兄弟はロンドンの空襲を逃れ、カーク教授に預けられる。好奇心旺盛な末っ子のルーシーは「かくれんぼ」をしているうちに、空き部屋で大きな古い衣装ダンスを見つける。見えない力に導かれるように衣装ダンスに入り、毛皮のコートを押しのけて奥に進むと…いつしかルーシーは雪に覆われた真夜中の森に立っていた…


評価:★★★☆☆(5点満点中3点)


典型的なファンタジー映画ですね☆
ディズニーであるがゆえ、激しさが足りないような気がしました(^_^;)
でも、広大な景色とか、モンスターのCGとかが
とてもきれいで素晴らしかったです☆

ナルニアにはあまり興味はなかったので、
イメージとしては、「ライオン」しかありませんでした(笑)
しかも「あのライオンは絶対悪者だ!」と思っていました。
しかし、実際は完璧な味方で結構驚きました☆
さすがに百獣の王というだけあって、
王としての力を行使する時とか、戦闘シーンとか、
かなりかっこよかったです☆

主人公達は…なんか微妙でした(^_^;)
ナルニア国では時間が止まっていると言う設定なのでしょうか?
その辺がよくわかりませんでした。
さすがファンタジーって感じです♪(笑)

「第1章」というくらいですから、続編があるのでしょうが、
ここからどうやって続くのかが非常に気になります☆
見る機会があったら、また彼女と見に行きたいです♪























ブログランキング

TOP
仕事って大変ですね
この四月から社会人になりました!!

毎日覚えなければいけないことがいっぱいで大変です(>_<)

家に帰ってきたら、飯やら何やらした後に
横になったら、すぐに寝てしまいます。
そして、また仕事へ…。

なかなかブログを更新する余裕ができませんが、
休みの日などに時間ができたら更新したいと思います☆
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。